こんなことできます(会社編)
こんなことできます(会社編)
会社の経営者の方、経理担当の方、このようなお悩みはありませんか?

@売上はあるのに利益が出ない
A銀行から融資を受けたいが、損益計画が立てられない。
B決算書から、自社がどのような状況になっているのか、わからない。

このようなお悩みは、過去に多くの経営者の方々から多数伺っております。
長年、経営を行っている会社では、決算や税務申告について、顧問税理士にすべてお任せしていることが多々見受けられます。
しかし、多くの会社が強豪他社との価格競争をしている現在では、右肩上がりの時代とはことなり、経営者ないし主要幹部が、自社の決算書を読み取り、自社がどのような状況にあるのか、儲かっているのかを理解し、もし利益が十分に出ていないのであれば、その原因を分析し、改善していくことが必要なのです。

そのためには、
経営者ないし幹部が決算書の内容を理解できること、それを踏まえて、自社のどこに改善の余地があるのかを理解することが必要です。
また、会社によっては、事業内容を細分化し、どの事業、どの製品で儲かっているのか、赤字となっているのかの分析が必要な場合があります。

さらには、現在の事業を進めた場合、今後は利益が確保できるのか?
どの製品を何個販売すれば、どれくらいの利益水準になるのか?
といったシュミレーションを行うことも有益です。
ますは、目標値(計画)を立てて、実績が出たら、比較をすれば、
目標が高すぎたのか?それとも経費を浪費したのかといった分析をすることができ、
その結果を今後の経営に役立てていくことができるのです。

さらに、会社を成長させていくには、設備投資が必要で、そのための融資を受けることもあります。
その場合、計画値ベースでの損益計算書を求められると思われます。

これらのお悩みについては、私にお任せいただければ、
決算書の読みj片からはじめ、分析方法の伝授、さらには将来の計画ベースでの損益計算書や貸借対照表の作成方法まで、丁寧にお教えいたします。
また、税務顧問として、ご用命いただければ、記帳代行や決算書・申告書の作成とセットで上記のお悩みにお答えすることができます。また、税務顧問契約は従来の税理士に依頼したい会社でも、上記お悩みにお答えすることも可能です。

まずは、お気軽にお声かけください。

上記のような、ご支援を税務顧問契約なしでご用命の場合、1回の訪問料10,000円(税抜、2時間以内)プラス弊事務所から貴社までの往復交通費を目安に、税務顧問契約込みでご用命の場合、月あたり1時間は無料にて応対いたします。

初回のご相談は無料にて承っております。

お問合せ
新江 明税理士・公認会計士・中小企業診断士事務所
〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和5丁目9−7 LAYL北浦和401
TEL:048-711-2967
FAX:048-711-2968
受付:月〜金(祝日除く) 9:00〜18:00メールでのお問合せ
 
 
P001